プラセンタの要素元

プラセンタの要素元

ちっちゃな受精卵から出発した胎児は、女性のカラダで非常に速いスピードで細胞分解を繰り返して成長します。分娩によって年齢で現れるまでには、各五臓も出来上がっている。これは各五臓の分化案内要素が臍帯に存在していることによるものです。これから主なものはそれだ。

 

  • NGF(心発達要素)
  • ECDGF(血管発達要素)
  • PDGF(血小板出所発達要素)
  • IGF(インスリン君増殖要素)
  • HGF(肝臓発達要素)

 

胎児は、このように発達を促進する要素と、それを抑制する要素とが微妙な釣合を取りながら、胎児が正常に成長していくようにサポートしているのです。プラセンタファクターの持つ復元力量とホメオスタシスは、そういったプラセンタ本来の効き目による方法と考えられます。

 

プラセンタの主な材質
材質 物質
アミノ酸 ロイシン、リジン、グリシン、アルギニン・・・など20部類以上のアミノ酸
タンパク質 グロブリン、アルブミン・・・など
酵素 ヒアルロニダーゼ、アルカリホスファターゼ・・・など55部類以外
脂質・脂肪酸 コレステロール、パルミチン酸、ラウリン酸・・・など
糖類 ショ糖、グルクトース、ガラクトース・・・など
ミネラル カルシウム、カリウム、ナトリウム、亜鉛、鉄・・・など
ビタミン ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ナイアシン・・・など
ムコ多糖身体 ヒアルロン酸、コンドロイチン・・・など
核酸作り物質 うウラシル、グアニン、シトシン、アデニン・・・など
PAアミノ酸 アルティメットアクティブアミノ酸