まず食事で注意すべき地としては、お肉や魚にあるタンパク質を積極的に摂りましょう

まず食事で注意すべき地としては、お肉や魚にあるタンパク質を積極的に摂りましょう

タンパク質は筋肉を作りあげるものと一般的には知られていますが、命を維持するために必要な養分とも言われ、代謝を活性化したり、ホルモンバランスを整え便秘を防ぐなど、ダイエットには大いに相性のいい養分だ。

しかし現代人は、コンビニエンスストアやファストフードの浸透により、こういうタンパク質が思う存分摂取できていない人が多いとされています。

タンパク質の能力の目安は「体重(キロ)×グラム」とされ、50キロの人は50グラムほど摂取するといいでしょう。

また、最近では、食事で入れる以外にも、プロテインで代用することも一般的になってきました。時間が無い人物はプロテインを利用してみてもいいでしょう。

食事は21タイミング以降諦める

次に注意すべきポイントは、食事の時間だ。原則として、「21タイミング以降は食べ乏しい」ようにしましょう。

これは就寝の3時間前にマスターを仕上げる結果、就寝中の脂肪のストックを減らすことができます。
間食を諦める

最後に3つ目に、「間食」をしないことだ。

当然ですが、間食をしてしまう結果摂取カロリーが増えカロリーオーバーしてしまい、いくら消費カロリーを増やしても痩せることができません。

また、間食によって腹部を休めることができず、代謝が落ちてしまうことも知られています。

万が一空腹が我慢できないときは、ガムや水を飲んでみたり、歯を磨くなどして、食事から意識をそらせましょう。

ヴァーナルの実践レポート

wp_sv_1843_66353

コメントは受け付けていません。